スパイダーマン: スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバース (吹替版)

スパイダーマン:スパイダーバース (吹替版)

  • 発売日: 2019/05/13
  • メディア: Prime Video

 きっかけは「大極旗」だった。
MARVELの新ヒーローとして話題だったが、その話題のなかで日本をフィーチャーしたヒーローとしてペニー・パーカーという美少女キャラが紹介されていた。彼女はスパイダーマン。…え?全身タイツの兄ちゃんじゃないの?日本のアニメを意識した絵柄でロボに乗って戦う。なにそれ。画像を見ると、他のキャラが写実的なのにひとりだけなんでそんなことに?もう観てみるしかないな。で、この作品に行きつく。

物語だが。まずオリジナルのスパイダーマン(ピーター・パーカー)が死んだ。え?。たまたま同じタイプの蜘蛛にかまれた黒人の少年(マイルス・モラレス)が後を継ぐことになるが、いきなりの話でまだ技術も自覚も勇気もない。そこへ、オリジナルが死ぬ直前に別の次元から召喚されたスパイダーマンたちが現れる。
ひとりめはオリジナルにかなり近いスパイダーマン、ピーターBパーカー。ただしオリジナルとは違って人生に疲れやさぐれ気味。師匠的位置づけ。続いてヒロイン的位置づけのスパイダーマン、グウェン・ステイシー。とここまでがメインキャラ。続くペニーたち3人はサブキャラとして、ある種イロモノとして現れる。アニメとはいえ写実的な絵柄の、というかこれが普通?のアメコミ作品である当作品において、異なる「漫画形式」からの来訪者なのだ。ひとりは昔のアメコミ?白黒映画のスパイダーマンスパイダーマンノワール)。もうひとりはミッキーマウストムとジェリーなどアメリカで良く知られる動物ものカートゥーンスパイダーマン(スパイダー・ハム)。ペニー・パーカーはアニメの世界から来たスパイダーマン。瞳がキラキラで可愛い、彼女の登場シーンはいちいち目が離せなかったが、所詮脇役。出番少な。まあ、メインのストーリーが十分魅力的だったので良しとしよう。

スパイダーバースで新しく知ったのは、MARVELにおけるマルチバース設定。同じキャラの同じ物語が何度もリメイクされ、さらに各ヒーローが呉越同舟していくMARVEL作品は節操がないなあと普段から思っていたが、そういう「同じキャラのはずが、ちょっと違っている話」はすべて異次元=パラレルワールドの出来事として処理されているのだそうだ。そしてスパイダーバースはこの設定を活かした作品ということ。で、調べるとこのスパイダーバースの続編には、なんと東映スパイダーマンが登場するらしいとの情報が。すごい。そこまでやるなら、45作目でスーパー戦隊マルチバースを展開する(っぽい)ゼンカイジャーでも、ぜひ何かの事故で東映スパイダーマンレオパルドンを出して欲しい!なにしろ東映スパイダーマンスーパー戦隊の歴史に絡んだ(レオパルドン→巨大ロボ展開)重要な関連作品なのだからっ!!!頼む!!

f:id:marukun:20210225001927p:plain



ラグランジュポイント(FC)

ラグランジュポイント

ラグランジュポイント

  • 発売日: 1991/04/26
  • メディア: Video Game

SFCでブレイクしたFFIVリリースの3ケ月前にFCで発売されたという、ハード末期のあだ花。すでに技術力で定評のあったコナミ製。『ファミリーコンピュータMagazine』による読者参加企画というから、版権的に大変厳しくその後の移植もリメイクも皆無というのもむべなるかな。売れなかったらしいしね。それだけにプレイしてみる価値もあるというもの。クリアしたので感想を。

昔のRPG名作はこうだったんだな。と。イベントに沿ってキャラが動き回り、フィールドが変わっていくというのはDQ4やFF4あたりからで。もちろん攻略によって行けるフィールドが広がる、というのは変わらないにしろ、各地に配置されたフラグをいったりきたりするオリエンテーリングのような手触りの新作RPGにはここ20年出会っていない気がする。夢幻の心臓IIもこんな感じではなかったか。

バトルシステム面で言うと、バッテリー量を心配しながら動くところとか、自分のレベルより、武器レベルで戦闘の難易度が全然違うとかいうのが面白いところ。もっとも。武器自体は金さえあれば合成でガンガン最強まで行けるのだけど、使うキャラのパワーとマインドが一定値以上でないと使えないので結局キャラのレベルを上げる必要が出てくる。攻略サイトによると最終武器は「ぜったい0どほう」一択で。使用キャラのほとんどはレベル50ちょっとでこの武器を使えるようになったのだが、回復系女性キャラのレタのマイドが圧倒的に弱く。彼女のためだけにレべルを70以上まで上げることになった。レベル上げはレジャーセンター跡。狙うはメタルスライム的な経験値爆上げ敵のクリスタルコア!。もちろんなかなか出てこないので延々と同じところを彷徨う。暇なのでBGMにくだらない歌詞を付けて口ずさむ。くだらな過ぎるが、絶対忘れるだろうから書いておこう。

Fortified Zone (バイオ研究所、基地、要塞)


Lagrange Point Music (FC VRC7) - Fortified Zone

来てよね、来てよね。
お願いお願い、来てよね。

(最後の「来てよね」のあたりでエンカウント。)


戦士への覚醒 (バトル)


Lagrange Point Music (FC VRC7) - Fighters Awaken

頼む 来て来てよね 頼む 来て来てよね
違う お前じゃない 違う お前じゃない。
(中略)
来てよ来てよ来てよね!


さて。レタに「ぜったい0どほう」を持たせられたら一気にダンジョンを駆け抜けてラストまで。スピードの速いレタの攻撃一発で概ね全滅。楽々!…さすがにラスボス直前とラスボスにはヒヤヒヤさせられたが、思い返すと、ボス戦での全滅は一度もなかった…はず。悪評高いオレギ戦まで。ありがたいことです。

プレイスタイルに時代を感じた。エンカウント率の高さに辟易はした。けど、それ以外は全体的に高いレベルでまとまっており、ファミコンとは思えないぐらい。特殊チップでFM音源にまでしてしまったサウンド含めて。ただ、他のレトロゲームと一緒くたに遊んでいるので「ファミコンを超えた!」っていう感動は残念ながら少ない。リアルタイムでプレイしていたら、おそらく名作認定していたはず。

お気に入り音楽はそのオレギに代表される中ボス戦のバトル曲。


Lagrange Point Music (FC VRC7) - Fighters' Sadness

それとエンディングかな。


Lagrange Point Music (FC VRC7) - The Resurrection of Sabbath

 

 

南柏天然温泉 すみれ

実家に帰ったら、母から近所にスーパー銭湯が出来たと聞く。

10年ほど前は車で近場~少し遠いあたりまでのスーパー銭湯はあらかた行き尽くしていた。不景気でむしろ閉店ばかり聞く昨今だったが、新規開店か。そりゃうれしい。今度行かねばな。いや、まてよと。実家から車で帰ろうしたところで、たまたま着替えセットもあることに気づく。風呂に入るにいいタイミング。ならば今度じゃなくて今でしょ。

国道6号線の南柏の手前。このあたりを通るのはいつも深夜だが、そういえばここ建物ががっさりなくなってて、しばらく暗がりになっていたのだよな。まさかここに出来るとは。実家から最短なのは間違いない。

肝心の温泉設備と広さは普通。サウナに自動ロウリューがついてるのは初めてだが、そんなすごいこととも思わず。もちろん新しくて清潔感溢れるのは素敵だが、ありがたいのは休憩所。柏の極楽湯ほどではないが、結構な数の漫画が用意されていて。また、ハンモックみたいの含めさまざまな椅子~ベッドがあって楽しい。この日は若者ばかりちょっとうざかったが、そのうち落ち着くかな。

一番感心したのは決済周り。靴箱のキーがそのまま決済情報を管理してくれて、最後は無人支払いコーナーで済んでしまう。でもよう。ここまでやっておいて、クレカも電子決済も使えず現金のみ、なんてなんでなんだ?やっぱ手数料が嫌か?不思議。

なんでも、おおたかの森でも新しいスーパー銭湯が準備されてるらしい。感染に注意だが、楽しみにしておこう。

ヒーリングっど プリキュア

 

ヒーリングっどプリキュア Blu-ray vol.1

ヒーリングっどプリキュア Blu-ray vol.1

  • 発売日: 2020/09/16
  • メディア: Blu-ray

 香村純子が初めてシリーズ構成を手掛けるプリキュア。そりゃ期待値を上げましたよ。ほら、上がってるでしょ。実際、3人のプリキュアが誕生する序盤の流れは見事に神掛かった展開で。これはいけるぞ、と。
しかしこの作品も新型コロナの影響で2ケ月ほど放映できない状況に(再放送してた)。病気と戦うプリキュアがリアルで病気に負けたわけだ。緊急事態宣言が明けて復活後、ここからは濃ゆい展開が待っているのでは、という期待は裏切られ、縦糸となる物語のない、単話的なエピソードが淡々と続く、非常に淡泊なシリーズとなってしまった。物語の転換点だと思った追加戦士、キュアアースも、「生まれたときから何の情報もしがらみも因縁もない」ただの戦闘人形だったし…もちろん回を追うごとに教育されて人間らしくはなっていくけど、ただそれだけ。終盤の展開も、3幹部があっさり退場。ラスボスも力業で浄化。なんのひねりも感じない。なんだこれは。


各エピソードがつまらないわけではなかった。自分のやりたいことばかりやって本業のバトルがおろそかになりがちな最近の過去作と違い、病気との戦いが本業なので、バトルは毎回真剣だし、ドラマも悪くなかった。だけど、なんでこんなシリーズになってしまったのか。

理由はいろいろ思い浮かぶが、むしろ多すぎて決定打がわからない。

その第一候補はもちろん新型コロナ。1年間通して作品を続けられるか分からなくなり大きな物語作りをやめたのかもしれない。震災など社会不安が大きい時期は厳しいストーリー展開を控える傾向があると聞く。(例:スマイルプリキュア)病気との戦いというもともと厳しい設定の今作だが、本来進めようとしていた展開はよりえげつないもので、それをやめたのかもしれない。そもそも最近のプリキュアは、小さいお子様たちの理解力を気にして物語を進めるのを控え気味だとも聞く。はじめから面倒くさい展開はするつもりもなかったのかもしれない。あとは香村氏自身の問題か事情。基本的に特撮畑のひとなのでプリキュアの構成が他スタッフ等との連携や空気が合わずうまくできなかったのかもしれないし、新型コロナで当初の構成が不可能になってモチベーションがなくなってしまったのかもしれない。1年通したら翌年は仕込みで休むんだと思ってたけど今度のスーパー戦隊の新作、ゼンカイジャーの脚本にもガッツリ入ってますやん。ゼンカイジャーってスーパー戦隊45作めのお祭り作品だからさぞ腕がなるんでしょうけど、え?ひょっとしてそっちに集中しちゃってた?

このへんの内部事情はほとぼりの醒めた頃にどっかで知ることになるのかな。


さて。次回のプリキュアはトロピカル~ジュ?新型コロナの影響はまだまだ色濃いし、それこそ明るく楽しく(メイン視聴者にとってはいい意味で)内容が無い作品になりそうだ。脚本もプリキュア初参入のひとのようだし、期待をスター☆トゥインクルの前ぐらいに下げて観ていくことにしよう。

麒麟がくる

 

日本の戦国時代最大の事件「本能寺の変」を起こした明智光秀に焦点をあてた大河ドラマ。日本史に疎い自分でも「裏切り者」として知った気でいたこの人物をどう描くかが楽しみだった。光秀の役者は長谷川 博己。申し分ない。
父の解説や、ネットの知識で補完しながら非常に楽しく観させてもらった。

そもそも「逆臣」といわれる明智だが、地元にひとたちには意外にも評判は悪くないようで。それに織田信長に付く前の前半生はほとんど史実なし、ということで脚本家による創作に頼ることになるが、この「史実なし」な部分を逆手にとっての大胆なキャラクターの肉付けがなかなか上手い。若いころから美濃や京を駆け巡り、生真面目な性分で人との実績を作っていき、その活躍の結果として様々な史実に裏側に関わっているようなつくりになっている。とりわけ上手いと思ったのは明智以外にもこの当時のヒール、戦国の三梟雄と言われる斎藤道三松永久秀をも魅力ある、筋の通った人物として描いているところ。史実は揺るがないにしても、その登場人物が歴史上の評判どおりとは限らない。そういう可能性を無理のない筋立てで表現してくれたのは賞賛したい。

で。先週の最終回はもちろん「本能寺の変」で終わるのだが、その時点になるとかなり史実に残っている部分も多く、あまり破天荒なシナリオにはできなかったとみえる。動機を私怨にしていないのは良い落としどころではあるが、これまであんなに人望がある人物として書かれていたのが信長を倒したとたん周りからあっさり見捨てられるなんてどうにも納得しがたい話で。せめて「光秀は実は生き残っていて家康に仕えた」といういわゆる天海説にすがりつきたくもなるが、…どっちともとれる描き方。とはいえあれは普通に死んだと見るほうが妥当な表現だと思うんだよね。

次回からは渋沢栄一が主役の『青天を衝け』。近代で実業家のドラマといったら視聴率低迷はほぼ確定。朝ドラでも良かったんじゃない?っていう感想すら予想できるが調べてみたら自分の会社に、それも前、今どちらも関係してるという。近代スポーツの観点で歴史を描いた「いだてん」のように、今回は近代産業史を通して歴史を知るきっかけになってくれればと期待したい。

グランドマザーカレー2021

今年は年明けから気になってた。だいたい1月の中旬から始まるんだよな。しかし何度公式サイト見ても全然始まる気配なし。やはりあれか。コロナだから期間をじらそうとしてるのかな、なんてほぼ勝手に結論付けて。2/1の仕事帰りに「グラマなくてもいいか、ココイチで」と店に入ったら今日が初日だったという。さあ、今年も食うぞ!

例年との違いは、まずスプーンなし。…ちょっと寂しい気もするが、もらったらもらったで嵩張るし、それは良し。かわりに必ずもらえるクリアフォルダ。2種類らしいが、何枚貯まるかな?(^^;) 問題は終了期間が設けられてないこと。在庫が終わったら終了?気が抜けない。

昨年、コロナのせいかは知らないが、地元駅のココイチが閉店。テレワークってこともあって毎日でも行くのに!車で新松戸、そして二十世紀が丘にも店があるのを見つけたので日替わりで行くことになりそうだ。(電車は感染が怖いし定期が無くなったのでなるべくパスの方向で。)

バディミッション BOND(SW)

バディミッション BOND -Switch

バディミッション BOND -Switch

  • 発売日: 2021/01/29
  • メディア: Video Game
 

 アドベンチャーゲームの灯を絶やしてはならんのです。
任天堂が販売するなら駄作ではあるまい、という割りとジャケ買い気分で購入。前情報はあえて見ず。体験版もプレイせず。で。買った価値は…確かにあった、と言える。

逆転裁判みたい」というネットの評判に、最初は違うだろ!と反発していたが、落ち着いて考えてみると、なるほど似てるというのも一理ある。探索で手がかりを得て、本番=逆裁では法廷、このゲームでは潜入パートでそれら手がかりを用いて解決していく。構造はそっくりだ。
肝心のストーリーも悪くない。落とすときがちょっとえげつなくてステラグロウを思い出したが。ボリュームも、本編しかプレイしていないがそれでも十分。

ただね。プレイしていて違和感が少々。絆(=BOND)がテーマな作品ではあるけど、メンバー同士の執着心が友情にしてはなんか濃厚すぎないか?これ以上進むともはや友情というより愛情に?…というところでピンときた。このノリ、BLもしくは乙女系!エンディングのスタッフクレジットでシナリオライターの名前を確認即検索。開発はコーエーで『アンジェリーク』『遙かなる時空の中で』系か!やはりな。ガチだ。濃いわけだ。

そういう情報を得て振り返ると良くわかる。ルーク<>アーロンのヤングペアは初心者向け。モクマ<>チェズレイの病んだシニアペアは上級者、より腐ったファン向け。シナリオライターの女性視点はナデシコ=スーパーウーマンで4人を温かく見守り、男性視点ではチェズレイで、より熱くモクマを愛する。うわあ。さらに言うと、ひとりヒロインのスイの出番が少ないわけだよ。もうちょっと出番があってもいんじゃないかと思っていたが、そもそもライターの興味範囲外だったに違いない(おそらく)。

もちろん、一般向けタイトルとして配慮してライティングしているのは良く分かる。いまどきの若者なら男性でも気にならないかもしれない。が、やっぱり匂いがキツくておじさんには辛いよ。続編出ても、ちょっと勘弁かもしれない。