シブヤで目覚めて

 

アニメが世界中で流行っているのを知りながら書くけど。それでも。

今後、日本から文化を世界に発信することはそんなに増えると思わない。
もともと海外にわざわざアピールしようと思わない国だし、少子化でコンテンツを作る力も減っていく。けれど、これからは世界が日本を発見していくことになるだろう。
海外掲示板を読んでいてわかるのは、世界の結構な人数が日本に関心をもっていること。が、まだまだステレオタイプの偏見に満ちたものばかり。それでもネットで得た知識を実際に観光で来て、と着実に日本を知る海外のひとは増えており、そういうコンテンツはこれからもっと増えていくだろう。

最近はそういうテーマで世間をウォッチしているのだが。昨日本屋でこの本に興味を持った。結構な値段なので図書館で借りれないかとも調べてみたのだが、待てない。さっさと買って読了した。

日本に魅了されたチェコ人が書く、「日本に魅了されたチェコ人」の物語。主人公のキャラクターがそのまま作者を反映している、自分のことを書いた面も多いようだ。そんな主人公(=プラハの大学の日本文学専攻女学生)が追うのは、大正時代の日本人作家。その作品を読み解くうちに、作品のキャラクターが、日本人作家本人の自伝的性格を持っていることに気づき、その作家の生涯を追いかけることになるのだが…。物語にはもうひとつ軸があって、主人公がかつて旅行で渋谷に来たとき、ここに残りたい、という願望によって分裂したもうひとりの主人公が、もとの本人に戻るため、主人公(オリジナル)を日本に呼ぶ物語でもある。

多重な構造が複雑に絡み合うが、文体は軽めで読みやすい。肝心の日本についての描写がかなり自然で違和感がない。作者自身が日本文学のチェコ語翻訳者であることもあって、翻訳がスムーズに進んだこともあるのだろう。馴染みの日本コンテンツ(文学、アニメ、ゲーム)はもちろん、それらをどのようにチェコにひとたちが消化しているか、というのもビビットに伺いしれる。日本文学を専攻する輩は日常で犬夜叉の恰好をするようなウィーブばかりだったり、堅物の日本研究者の、日本にはまるきっかけがファイナルファンタジーだったり。主人公(オリジナル)の出番が途中で尻切れてしまっているのは少々寂しいが、ハッピーエンドへの道筋はちゃんと提示してあるので良いでしょう。この作品で、日本に関心を持つチェコの人々が増えたら嬉しいし、日本に関心を持つチェコ人に関心を持つ日本人が増えるのも良いことだ。

英語もできないのに、海外SNSで外国人と議論する。

redditを開始して、今日で1年経ったので書きます。

年を取り、自分のアイデンティティを考えるに(自分探しはしてませんよ)、日本と海外との違いについて興味をもつようになった。

数年前から「グーグル翻訳を組み込んで、他国の人間と会話のできる掲示板」を使ってきていたが、このグーグル翻訳を使えば、普通の海外SNSでも議論できるのではないかと考え、ちょうど一年前から実践してきた。結論をいえば、かなり使える。
100%確信をもったやり取りはさすがに無理だが、80%分かり合えればそれでいい。そんなグーグル翻訳を使った掲示板読み書きノウハウを、軽く書いておこう。(具体的例題と画像を付ければ本格的だが、それはいづれ。そもそもここは他人に見てもらうつもりで書いてはいない、ただの日記なんだし)

【読む】

Chrome拡張機能にグーグル翻訳を入れて、「このページを翻訳」とすればどこの外国語のページでも少しの時間であっという間に日本語に翻訳してくれる。もちろん万全ではないが、言い回しなどのおかしいところは己れの解釈能力を駆使すべし。この能力は個人差があるはずなので、難しいひとには難しいが、時間が経てば翻訳精度も上がっていくはずなので、我慢我慢。

【書く】

本題はこちら。同じくグーグル翻訳ページ(https://translate.google.com/)を使えば、あっという間に英語に翻訳してくれる。が、【読む】で体験したとおり、日本語訳した英文の出来を想像すれば、おそらくこの翻訳も、英語を使う外国人がみたところでかなりちんぷんかんぷんに思われることは予想できる。なのでそこそこ手間をかけて、相手に分かりやすい英文に仕上げるのがここで記したいノウハウだ。やってみよう。

① ともかく文章を書いてみよう。
日本語でだって相手に分かる文章を書くのには推敲が必要。難読な日本の文章は翻訳だっておかしくなる。

② より翻訳しやすい文章に修正しよう。
翻訳用に修正を加えよう。SVOCを意識して、長い文章はなるべく短く、できるなら文をわける。日本語は主語を無視しがちなので、くどくなっても主語は挿入。

③ グーグル翻訳にかけよう。
日本語を英語に。でもそれで終わりではない。

④ グーグル翻訳で逆翻訳しよう。
グーグルが翻訳した英文を再度翻訳にかけて、今度は日本語に翻訳。これでまともに読めるなら、きっとその英語は外国人にも伝わると思われる。だが、大抵はそんなに簡単ではない。

⑤ 調整しよう
ノウハウはすでに②で書いたとおり。文意の掴めないところの日本語を見直し、より単純な言い回しにしたり、文を切ってみたり。日本語の微妙なニュアンスに拘るより、ラフであっても分かりやすい言葉に変えてみる。多少あるはずの己れの英文知識を駆使して英文の方を読解していくのもいい。当たり前だが、翻訳しやすい文は英語で読んでも分かりやすい。もともと自分の文章なんだし。

そんな感じで翻訳>逆翻訳を繰り返し、分かりやすい英文になったと思ったらそこで完成。ネイティブのチェックした文章ではないので、相手に伝わるのは80%ぐらい、の謙虚な気持ちでSNSに書き込もう。

体感上の話だが、言葉が伝わったとしても相手とはその背景にある国民性、文化、思想が全然違うので、対日本人みたいな「これ、当然分かるよね?」という部分こそ、逆に伝わらない。自分にはそこが面白いのだけど。

海外SNSに行くと分かるのは、とかくそこに日本人がいないこと。日本に興味を持つ外国人は相当数いて、諸々日本観について会話しているのだが、当然日本人の国民性、文化、思想を知らないので、彼らの日本に対する認識は良い方にも悪い方にも極端になっていることが多い。その誤解がさらに誤解を呼びすでに定着。誤解しまくっている外国人会話を眺めているのも一興ではあるが、そのズレが大きい状態を放置したままだと、後々の日本の将来にも響きかねないと思うんだよね。

その点で注意なのがWEEABOO(日本かぶれ?)という存在。日本好きなのはありがたいが、その情報源は主にアニメらしく「日本=アニメ」となっていると考えるとその誤解度はかなりやばい。酷いのになると、現地の社会で浮きまくって嫌われて、その周囲のWEEABOO嫌いになった外国人がそのまま日本嫌いになりかねない。過度に日本に期待しまくって、来日して勝手にガッカリされるのなんか癪だし。

天外魔境 ZIRIA(PCE)

 
天外魔境 【PCエンジン】

天外魔境 【PCエンジン】

  • 発売日: 1995/05/26
  • メディア: Video Game
 

ゲームの歴史で外せないシリーズだが、これまで全くの未プレイだった。順番は大切。1作目からプレイ。クリアしたので感想を。

ド派手な演出が売りと聞いていたが、それは2作目のこと。今作もCD-ROMを使った大容量が売りだが、演出自体はちょっとしたアニメと音声が入っている程度。ドラクエ3に毛が生えたぐらいかと。CD-ROMの初期で、まだそんなに使いこなせていない時代だったのだろう。ボリュームは認めるが、設定が「諸国を旅して13人の敵を倒してラスボスを倒す」というあっさりストイック。13人も倒さなくちゃならないのかよ。諸国といっても関東周辺なので変わり映えのしない和風グラフィックが延々と続く。音楽も、坂本龍一というネームバリューの割りには地味ね。坂本氏っぽい曲はOPとEDぐらいかな。

とまあ文句ばっかり書いたが、物語の芯は悪くない。
前述のとおり派手な演出はないものの、手を変え品を変え飽きさせない工夫は入れてあって、これがベースなら、演出を強化したという次作は十分期待できそうだ。

ちなみに当ゲーム。難易度は結構厳しい部類に入るのだと思う。とりわけ仲間がいない序盤の厳しさたるや!油断するとすぐ死んじゃいそうで相当なしんどさ。仲間が揃う中盤は安定するのだけど、ラストダンジョンがまた鬼ムズで。エンカウントは相変わらず鬼なくせに、ダンジョンが迷う迷う。後略サイトをみなければ投げ出していたかもしれないが、ありがたいことに最後の究極武器を得るところで天からの声が。
「その武器を捨ててまた同じ武器を受け取れ。繰り返せば、それだけで無限に鍛錬を積めるぞ…」なんと、簡単に経験値を得るという有名な裏技があるという。バランスクラッシャー結構!レベルを44あたりからMAX=99になるまで2,3日武器を捨てては貰い、捨てては貰い(と書くとあんまり簡単じゃないな)。

f:id:marukun:20210509142214j:plain

レベルはMAX(99)ですよ!

おかげで普通にやれば地獄のラストダンジョンも、バトルに関しては相当楽、ほぼ無敵に。ありがたや。

呪術廻戦

呪術廻戦 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

呪術廻戦 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

  • 発売日: 2021/01/20
  • メディア: Blu-ray
 

TVアニメ24話まで観た時点での感想。

そもそもこれを観なくてはという切っ掛けがポスト「鬼滅の刃」という呼び声があったことなので、どうしても比較して見てしまう。

どちらも社会の闇に存在する妖し、鬼か呪いかという違うはあるけど、それらと戦う組織の物語。妖し側も組織だって団体戦に。そして主人公がどっちも明るくて善良というのが共通点。そう捉えると、骨組みは似ているのだろう。

一方で違うのは時代背景と読者層。鬼滅は大正時代=昔の話で、時代ものというとっかかりで高年齢層にもとっつきやすい。家族の繋がりをベースにした主人公の戦う動機はウェット。あらかたの登場人物たちは何かのきっかけがあればすぐ泣いちゃうのではないかと思えるぐらいウェット。修行などの溜めの描写も多く、どこか「ジャンプ漫画」らしくないと思っていた。で、こちら呪術はとても現代ジャンプ的。主人公の肉親は最序盤で亡くなった祖父だけで家族なし。全体的にどこかドライで悲しいことがあってもすぐにケロリと立ち直る感。特訓場面は少なく。特殊ではあっても「学校(高校)」が舞台なのでメイン読者層はそこ。中二病のひとたちがメイン層。もちろんそれだけ現代的でスタイリッシュ。ああ、そうか。「鬼滅の刃」はドラクエであり任天堂。「呪術廻回戦」はファイナルファンタジーでありソニーなんだ。

もちろん。完結した鬼滅に対して、呪術はまだ終わりは遠く、評価も変わっていく。(コミックでの経過はWIKIでなんとなく分かった。)TVアニメではまだだが、渋谷事変については早めに触れておかねばね。仕事にも影響するかもだし。

ギルガメッシュソーサリアン(X1)

ソーサリアン追加シナリオ。連作版最終作。
独特な雰囲気は感じるのだが、リアルタイム時はモチベーションが下がっているなか、ろくにヒントのない第一シナリオで止まってしまっていた。30年越しのリベンジだ。
感想行ってみよう。

「双頭の魔犬」
いきなりつまらないシナリオ。ただ時計塔の謎を解いて道を越えるだけ。謎にヒントはなく「とにかくいろいろ試せ」。当時の自分が止めた気分も分かる。曲もただ陰気だしな。

「二槽のナルキッソス
船と魔法学校と。好きそうな要素が入っているのは認めるところ。ラスボスが巨大少女というところも。この連作においては一番キャッチーなシナリオではないだろうか。

「白夜に消えた村人」
冒頭で上空闇に現れる三賢者?白夜の幻想的な風景。エルフたちを改造怪物化させる悪人と、この作品らしい雰囲気は出ていたと思う。だが、大木のテクスチャがベターと貼ってあるだけなのはがっかり。

「復讐の黒き勇者」
建物内ダンジョンを行ったりきたり。いつものソーサリアンらしさが出てた。

「呪われた国ペンタウァの悲劇」
ちょっと変わったダンジョン。最後の舞台が空中都市ってラピュタかよ?…いやイースかよ!?「呪われた国ペンタウァ」っていう煽りコピーが30年気になっていたのが、聞いてみたらたいしたことなかった。(ある意味予想どおり)エンディングに絵があると思ったのだが、あれは98版のみですか?テキスト数枚でラストは物足りなさを感じざるを得ない。

 

…ということで。X1版のすべてのシナリオをついにクリア!30年越しだ。なかなかに達成感はあるが、やはり「時の神殿」以上のシナリオがないことを身をもって体験、実感したというところか。

平行して、「SORCERIAN COMPLETE -RARE SELECTION-」X1版の編集を進めている。
というか、このCDは「ソーサリアン コンプリート」に同梱されたおまけCDで、『宇宙からの訪問者』『ギルガメッシュソーサリアン』『セレクテッドソーサリアン』の3つのTAKERU版追加シナリオで使われた音楽集。これらの曲がCDに入ったのはこれだけ。だからレア(RARE)。このためだけに「ソーサリアン コンプリート」を発売当時買ったのだと言っても過言ではない。だが、残念なことにPC88版の音源なのでX1ユーザーとしては満足いかなかった。今回、ギルガメッシュとセレクテッドを全てプレイしたことを記念して、改めてX1版の音源をまとめることにした。さすがに実機からの抜き出しは無理なので(マシンもおしゃか。ソフトも捨てられた)HOOTから1曲づつ切り出しMP3化。それ以外のソーサリアンのX1版曲は「ソーサリアン オリジナル サウンドトラック」Vol.1+2のおまけDVDでほぼ揃っているので、足りない「ロマンシア」分と今回の収録をまとめれば、X1版(FM音源)全曲集の完成だ!ここからさらにセレクト曲を抜き出したベスト盤編集まで楽しみは尽きない。

 

ソーサリアン オリジナル サウンドトラック Vol.1

ソーサリアン オリジナル サウンドトラック Vol.1

 
ソーサリアン オリジナル サウンドトラック Vol.2

ソーサリアン オリジナル サウンドトラック Vol.2

 

 

セレクテッドソーサリアン 1~5(X1)

自分的には終わったつもりで済ませていたソーサリアン。だが実際のところ終えてはいなかったのだ。この機会に残りのシナリオを全て終わらそう。ここで済まさねば一生プレイすることはないかもしれないからな。

最初に手を付けるのはセレクテッド。一般人による投稿シナリオをコンテストで募り、入選作は実際に追加シナリオになるという夢の企画。なぜ自分は投稿しなかったのか。結局そういうところが自分の駄目なところだったな、と甘酸っぱい後悔を味わいつつプレイしていこう。

ここからは一作づつ感想を書いていく。

■ SELECTED 1(当時購入)

「美しき花嫁」
さすが読者企画!こういうのもあっていいよな。という「最初に持ってくる」価値のある作品。男性ソーサリアンが王の名関係なく、自身の幸せのための花嫁探し一人旅。目の付け所はいい。これだけで入選の価値もあろう。シナリオ自体も悪くない。が、終始音楽は寂しいし、アンハッピーエンドなのでプレイ後の満足度はそれほど高くない。通常シナリオに入っていたら叩かれていたかもね。
実際リアルタイムでのプレイは多分一回キリだった。今回は二回目のクリア。おそらく。

「銀の灯が消えた街」
出来は及第点。「美しい花嫁」が風変りだったので、こういう普通の出来に安心する。リアルタイムでも二回以上クリアしたはず。音楽がとても印象的。暴力的なまでに心に残る。

■ SELECTED 2(今回初プレイ)

パンドラの箱
「箱を開けたら、あらゆる災禍が外へ飛び出した」という話をそのまま使ってるシナリオ。文学的に格調高いです。ということで荒俣賞受賞は納得。

「灼熱のワナ」
依頼どおりに悪者を倒してみたら、実は依頼者が悪者でした。というありがちなシナリオ。止めに来るひともいるが、まともに説明もしないで去っていく時点で無意味。
ということで「なんだかな」と思ったシナリオ。谷山賞受賞作なんだが、自分の「知っている」谷山さんなら、「ホホホ村長とか手下のテシターとか、面白い名前!」ぐらいのおちゃらけモードで選定したんだろうな、と思う。

■ SELECTED 3(当時購入)

「呪われた遺跡」
吟遊詩人の話を聞いてたら、その世界に巻き込まれて…という導入はそこそこ魅力的なのだが、その導入があんまり活かされていないのが素人っぽい。巻き込まれた世界に若い頃の吟遊詩人がいて、とかなんらかの関連性を期待したのに。
ちなみに当時購入しているのに、プレイしていない。その理由は次のシナリオの感想で。
「時の神殿」
非常に出来がよろしい。全ソーサリアンシナリオで一番と言っていい。
時間ものは名作になる確率が高いのだが、複数の時間を行き来するので話が長くなりがち。でもこのシナリオはその過去エピソードを最小限で済ませている。幼い巫女に髪飾りを探してあげてまだサイズが合わないから首に掛けてあげて、成長後にふたたび髪飾りを渡すところで「髪飾りが似合うようになったね」。その一言で時間の経過とドラマを感じさせるセンスが見事。またラスボスバトルが嫌な意味でうまい。倒すためにはアイテムを順番に並べる必要があるのだが、ちゃんとヒントの話を聞いて理解していないと順番を間違えるひっかけがあって、これはリアルタイム当時も、今回もひっかかってゲームオーバー。長いシナリオの最後の関門なので悔しさもひとしおだが、理不尽ではないので納得せざるをえない。(でもゲームオーバーはひどすぎるよぉ)
音楽も力が入ってて曲数も全シナリオでダントツ。名曲揃い。
問題は今作の出来が良すぎで十分に満足してしてしまったこと。大賞だということはこれ以上のシナリオはないということでモチベーションがなくなり、リアルタイムにおいて自分がプレイした最後のシナリオとなった。同じディスクの「呪われた遺跡」さえプレイできなくなるのだから相当なもんだ。

■ SELECTED 4(今回初プレイ)

「闇に消えた女神」
設定としてはそこそこロマンチック。谷山さんはこっちを選ぶべきではないの?と思うぐらい。ただしやってることはいつものソーサリアンシナリオでした。

妖夢幻伝説」
どことなく中華風シナリオ。メガドライブ「チャイニーズ・メディスン」があるので新鮮味は薄いが。パズス12世がうんぬんの説明が少々くどいがやはりそこがオチでした、というところが同人っぽい。ラストは、この時代に嫌気がさしたパズスとその妹がソーサリアンに懇願して自ら封印されるのだけど、その絵面が磔状態なのが異様に違和感。そんな状態で封印されたいか?シナリオ的にも本当そういうオーダーだったのか?

f:id:marukun:20210429105808g:plain

妖夢幻伝説

■ SELECTED 5(今回初プレイ)

「封印」
この辺になるとシナリオの出来も落ち、作ってる側のモチベーションにも疑いたくなってくる。あっさりめのタイトルは好印象だが、開かない扉、一方通行の扉などが気持ち悪く配置されている遺跡ダンジョンが不快。曲も雰囲気は出てるがなんか投げやりな感じ(思い込み?)シナリオ初期に提示される目的とクリア条件が違うなど、チグハグ感が強い。

「それゆけ! ドトーのトライアスロン
ラストのお祭りシナリオなので、お馬鹿な内容はそれでいいのだが、参加条件が極悪。
「産婆」「骨細工師」キャラを用意しろとあるが、実際に準備しようとして愕然…。基本システムをすっかり忘れていたので、そこを調べ直しながらキャラを作っていった。以下メモしておこう。

まずこの2職業は老人でないとなれないので、不老不死で若者状態をキープしている常連キャラにはなることができない。そこで1からキャラをつくるのだが、産婆は人間女性。骨細工師はドワーフで種族によって老人と看做される年齢が40年ズレているので先に骨細工師志望のドワーフを作って40年してから産婆志望の人間女性を作らないと骨細工師が誕生する前に産婆が死んでしまうことになる。

ステータス値を調整して「老人」になれば希望の職につけるわけだが。しかし骨細工師になるステータス値にするには、途中でステータスのMAX値を上げないといけない。そのためにはどこかのシナリオをプレイして経験値を積まなくてはならないのだが、冒険に行くためには装備が必要。装備のキャラ間移動ができないことをすっかり忘れていたので、それは町で購入。また経験値を積んでも、町のどこかに行かないとステータスMAX値は上がらないので注意。…などと、それこそドトーの準備が必要なのだ。もう、うんざりですわ。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

このシリーズの感想はあまり書いた記憶がない。
※あるにはあるが、あまり良い感想ではないね。

そもそも「分からない」からな。雰囲気を醸し出す情報は過多な一方で、肝心の聞きたい情報は隠してしまう作風なので、何度も観て細かく調べていくぐらい根気がなければ読み解けないのだろう。一回観ただけ分かった風な感想は書けないものなのだ。とはいえ付き合い始めてからほぼ25年。付き合い方自体は何となく分かっている。

初期のテレビシリーズ(+映画)のイメージが強いが、新劇場版になってからだいぶ話が変わっていたはずなので一から見直す。序・破は最初のシリーズを踏襲してはいるが、その最後で大波乱が起き、続くQでは舞台がガラっと変わっていたんだよな。その辺をきちんと復習したうえで。翌朝、映画館へ。

で。観終わった感想だが。

相変わらず分からないことは多い。破で食われたアスカがどういう経緯で復活したのか、説明あったっけ?食われる前の記憶も持っているのでコピーではないのだろうが?一番気になるのは新劇場版になっての新キャラ、マリ。最初はちょっと出だったのが話が進むにつれて出番が増え、バトルでの出番が無くなったレイの替わりにアスカのフォロー、そしてさらに大活躍。冬月との会話でシンジの母らと同時代からいるっぽいのは明かされるのだが、どうしてそこにいるのか、なぜ今作からの登場なのか、などなどなど、疑問は消えない。

とはいえ、分かったこともある。

どんなに悲しい過去、記憶があってへこたれても、「身体」は生きたいと願っているわけで。それなりの時間と、穏やかな社会での暮らし、労働を経ることで癒し…いや、そういう表現ではしっくりこないが、心は落ち着き、平静を得られるのだという前半。そして、終盤の一番の勘所がシンシでなく父、ゲンドウの物語になっているところに年を取り視点が変わった制作者を感じ、魔女のない世界、じゃなかったエヴァのない世界という、割と手垢にまみれた落としどころに少し幻滅しつつも大きく安心した。良かった。これで本当にエヴァンゲリオンは終わったんだと。(気になったのは、前の(テレビ)シリーズは今作とはループで繋がっているんだろうかということ。であればもっと大きいレベルで終わったと言えるんだが、↑の疑問とともに考察サイトで調べるとしよう。)

最後に音楽について。今シリーズは破やマリの鼻歌で昔の歌…おそらく制作側の好みの昭和時代の歌が良く使われていた。ガイナックス時代よりも、自身で自由に扱えるコンテンツにしたおかげで随分私的な好みを入れられるようになったんだろうな、と思う。(アスカがGUNPEIをプレイしてたのもスタッフの好みなんだろう。また流行ったりするのだろうか。)で、ラストで使われていた歌も、その場では記憶になかったが、昭和っぽい曲で。きっと自分は知っているはずと何故か確信していた。帰って調べたら、松任谷由実の歌だった。ボイジャー?それって「さよならジュピター」の?うわ。完全に忘れていたが、こういう形で思い出すとはな。驚き。

それにつけても。宮崎駿も「風立ちぬ」で彼女の「ひこうき雲」を主題歌に使っていて…こちらでは作品のイメージどんぴしゃだったが、そういえば庵野氏はここでは主人公声優だったな。なるほど。ユーミンおそるべし。 

▼グンペイ WS 【ワンダースワン】

▼グンペイ WS 【ワンダースワン】

  • 発売日: 1999/03/04
  • メディア: Video Game
 
さよならジュピター 上下巻セット

さよならジュピター 上下巻セット

  • 作者:小松左京
  • 発売日: 1982/04/10
  • メディア: 単行本
 
さよならジュピター

さよならジュピター

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video