トワイライトシンドローム「探索編」「究明編」(PS)

トワイライトシンドローム探索編

トワイライトシンドローム探索編

  • 発売日: 1996/03/01
  • メディア: Video Game
 
トワイライトシンドローム究明編

トワイライトシンドローム究明編

  • 発売日: 1996/07/19
  • メディア: Video Game
 

リアルタイムでクリアしてるのだけど、もちろんすっかり忘れているので新鮮な気分でプレイできた。というか、多分一回通して終わっているのでエピソードによっては正しいクリア=大吉を見ていない可能性も高い。

この作品。数人の女子高生が夜の校舎を徘徊する横スクロールという絵柄が印象的だが、物語として見ると、主要キャラクターの構成が盤石だと分かる。現代風で(といっても90年代の話だが)コミュ力が高く、軽い気持ちでオカルト探検ネタを持ち込む岸井ミカ=<始める者>。古風で慎重。霊への理解も知識も高い逸島チサトがトラブル収束の鍵を握る=<終わらせる者>。そんな対照的な二人の中心が主人公存在、長谷川ユカリ。ミカがユカリに近づくきっかけは、姉御肌な彼女にビビっときたフィーリングらしいが、チサトとユカリは幼馴染の腐れ縁。そんなふわっとした三角関係を保ちつつ、小エピソードたる探検は進む。

以下、好きなエピソードの感想。

・第二の噂 音楽室のM.F
お化け屋敷状態の校舎でドッキリ!なこのゲームに、切ない物語を持ち込むシリーズの方向性を決定づけたのがこのエピソードではないかと。
なにげにピアノ曲Rainyもお気に入り。


Rainy (from Twilight Syndrome トワイライトシンドローム)

・第五の噂 雛代の杜

中盤の山場。雛代の歴史を紐解くところ、ミカを巡って幽霊の少女とユカリが取り合う展開が見どころ。


・第六の噂 夕闇の少年
「音楽室のM.F」は学校の定番ネタ恋愛を扱ったものだが、もう一方の学校定番ネタ:いじめがこのエピソード。被害者・加害者双方がいじめがあった事実を嘘で誤魔化しているところ、とてもリアルでやるせない。


・第七の噂 テレホンコール
ちょっとしたアイデアで低コスト&独特な効果をもたらすこういうの、自分は大のお気に入り。素晴らしいです。


・第八の噂 錆びた穽
ちょっと狙いすぎで作品のカラーを壊しかねないエピソードだが、製作側が入れたかったんだろう。気持ちはわかる。この時期はまだ戦後50年だから、あのじいさんもぎりぎり戦争の生き残りだった可能性もあったが、あれからさらに20年。このエピソードを再現したらほぼ確実に幽霊ですな。

・第十の噂 裏側の街
夕闇(トワイライト)の異世界で、記憶を失ったユカリが、死へ向かう直前で記憶を取り戻し、悩みはあってもそれでも、だからこそ現実に帰ってくる展開には、その風景の表現含め、物語の完成度が非常に高い。この作品の最後を飾るに相応しい大団円。「はてしない物語」とか「ファンタステス」とか「リリス」とか。いろいろ思い出したですよ。

こうしていい感じで終わった話を、おまけシナリオがぶち壊す。

・Prank
事後で情報把握済み。覚悟はしてたがなるほど電波が凄まじき。もちろん続いて「ムーンライト・シンドローム」もプレイしますよ。

 

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)
 

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

別件でテラスモール松戸を徘徊していたら、ユナイテッド・シネマにたどり着き、調べたら30分後に上映だと知ったので、チケットを買った。「みんなdeだんらんシネマ」って何って思ったら、少人数単位で座席を固められるって運営ね。感染対策いろいろ考えるな。そんな時期に記録的大ヒットな縁起の良い作品に、自分も付き合うことにした。

確かに心揺さぶられるものではあった。でもこれ、原作でいうと道半ばの1エピソードでしかないのだよな。テレビアニメでも感じたが、物語としての感動が、立体的で躍動感のある演出や声優の演技によって数倍に高められている印象がある。原作読まないで決めつけるのも失礼な話だと思うけど。

ということで。続きはどうするんだろう。これまでは漫然とテレビアニメに戻ってくるのではと思っていたけれど、これだけ動員できるってことは収入もテレビ以上だろうし、しばらくは映画上映を続けることになるのかな。だとすると途中で待てずに原作読んで済ますことにするのか?自分は。うーむ。

白髪記念日

年を取って体が衰えていくのは当然のこと。分かりやすい目安のひとつが毛髪。
自分の髪の毛は若い頃は非常にボリュームがあってまとまらなかった。今はだいぶ減ってしまったけれど、それでようやく丁度良い具合。禿るまではまだ遠いようでそこは有難いところ。

ただ、気にしていたのは白髪。まだ髪の毛は黒々しているが、少し前から顎髭が真っ白になってしまった。もちろん顎は剃っているので目立たないが、そろそろ上に上がってくるだろうと思っていた。

今朝、鏡で見てたら左脇の髪の毛に一本、白いのが混じっている。光の加減?いや、そうでもなさそう。

これから一気に増えるのだろうか。その予感をここに記しておこう。白髪が一気に増えたら、11月2日が白髪記念日。

ドラゴンクエスト 1 (SFC)

ドラゴンクエスト1・2

ドラゴンクエスト1・2

  • 発売日: 1993/12/18
  • メディア: Video Game
 

家庭用ゲーム機RPGの始祖で元祖。ドラクエ初代をついにクリア。
…で?

今やると当然物足りない。多分当時プレイしてたらバカにしてたと思う。X1で「夢幻の心臓II」をクリアしてた頃だからね。所詮ファミコンなんてこんなもんって。ただ、時代背景とその後の位置づけを鑑みて評価するものだよな。
その頃のPCのRPGって、「夢幻の心臓II」はじめ「これぞRPG!」って太鼓判推せる出来のものもそこそこリリースはしてたけど、そこまではかなり時間がかかってた。ほとんどがRPGっぽいなにか別のゲーム。アメリカで生まれた本当のRPGを知ってるひとがほとんどおらず、想像とイメージで作っていたらしいんだよね。
ドラクエは、日本のPCゲーム業界が苦労してようやく自分のものにしたRPGを、とても小さい容量&セーブなし環境で的確にジャストなタイミングで一般のご家庭に紹介した。だからレジェンドなんだよな。

さらに言うなら、自分はドラクエ3を、ちょうど4終わってすぐにプレイしている。記憶はほとんどないけど、1を先にやってれば感動ものだというオチも知っている。当時は「ここが噂の******(念のため)ね。ふーん。」だったけど、今3をやったら仕掛け含めて感動できそうだ。やらないけど。次は2か。いつプレイするかね。

www.amusement-center.com

さて。思い出話のその後。自分はファミコンを買って初めてドラクエ4をプレイして驚愕した。それは家庭用ゲーム機にPCのゲームが完全敗北したことを理解した瞬間だった。

ひとりカラオケ道

もう断言しちゃう。カラオケはひとりに限る!
そもそもカラオケはコミュニケーションツールとして不完全。みんなで合唱するなら分かるが、各自が好き勝手に歌うモードになると、それはもう、ただのひとりよがりでしかない。そうかといっても気を使って、みんなが知っててかつ楽しげでアップテンポな選曲考えたり、順番を気にしたり。そんなの、もう面倒なんだよ!
誰に気兼ねすることなく、オレはオレの好きな歌を歌う!願いはそれだけだ!Yes,ひとりカラオケ!!

まあ。最初は確かに後ろめたいんだけどね。でもすぐ慣れる。ひたすら歌えばいいんだ。今ならコロナの心配もないしね。カラオケ業界もそっちへのシフトを進めるべきではないだろうか。

自分も何度かひとりで通い、歌っているうちに、そろそろ趣味として「ひとりカラオケ」を書いていけそうな位にはなりましたよ。そんな自分がメモしておく、ひとりカラオケのノウハウ。

前提として、まずはJOYSOUNDの会員になるべし。DAMもあるかもしれないが、自分はJOYSOUND一択。会員になると自分のお気に入りの歌を登録できるのがいい。来店のたびにいちいち曲を探すのは面倒だからな。曲が固定してしまう懸念はあるが、結構な曲数が登録できるようなので、自分だけの歌本を作るつもりでいくと、楽になる。自分に合ったキーをお勧めしてくれるようになるのもポイント。

で、ここからが本番かつ究極。ない曲は自分で持ち込め!

カラオケの一番の不満はまさにこれ。歌いたい曲がカラオケに入ってない!
自分の好きな歌はゲーム系からたくさん出ている。このジャンルも昔と比べればかなり充実はしてきたと言えるのだけど、ゲームメーカー側がその気にならないとまるで入ってこない。リクエストは出せるが、なかなかね。そこでだ。

JOYSOUNDの公式店にはいくつかLINE INできる機材を導入してる部屋がある。(全部屋ではなさそうなので事前予約が吉。)なんでもエレキ系の楽器を持ち込んで演奏も楽しもうという趣旨らしいがそんなひとがどれだけいるのか?(<自分の専門外に口を突っ込むと大抵恥をかくので注意。)

www.joysound.com

ともあれ、ここに持ち込んだカラオケ演奏曲のプレイヤーを繋げばいいわけだ。プレーヤーはデジタルオーディオプレーヤーでもスマホでもなんでも良いが、自分はGPD WIN2を使う。 

 以下はとってもニッチな自分だけのやり方だ。

■ソフト的アプローチ

1.曲集め。
歌いたいぐらいだから、そもそも曲ファイルぐらいはたいてい持ってるだろ。なければ*******とかから******するだけだ!(一部伏字にて配慮。)

2.歌詞集め。
今どき歌詞掲載サイトも結構あるが、著作権絡みでダウンロードできず。都度サイトにアクセスしても良いのだけど、曲と歌詞をカップリングで収納することですぐにアクセスすべくテキストファイルで持っておきたい。サイトから探して来たり、最後は耳で聴いて自分で書いてしまったり。

3.ボーカルカット
元歌のボーカルと一緒に歌うようではカラオケとは言えない。ボーカルをカットするソフト・アプリは結構出てるが、完全に消すのは難しいらしく、ほとんどは遠くで小さく聴こえるようなレベル止まり。これでは使えない。だが、ようやくかなりの高レベルでボーカルカットしてくれるサイトを見つけた。

vocalremover.org

ここが現時点でのお勧め。多少に残ってる部分もあるが。元ボーカルがほとんど気にならない。ありがたい。

4.音程ずらし
女性ボーカル系がお好みの自分にとっては必須な機能。低い声でも歌えるが、それでは気持ちよくなれない。今使っているのは Practice#

www.gigafree.net

キーボードのボタンで音を流しながら音程上げ下げ出来るので、便利。


■ハード的アプローチ

GPD WIN2が邪魔にならず、歌いやすくするための工夫だ。

1.無線化
GPD WIN とチューナーを有線で繋いでいるようでは気持ち良く歌えない。 Bluetoothオーディオレシーバーで音を受けるようにすれば無線で済む。

2.縦持ち
普通に横画面のままで持っていると姿勢的にも歌いづらい。歌詞を見やすくする意味でも縦持ちがベスト。GPD WIN2 の縦画面化自体は普通にOSの設定で可能だが、いちいち設定画面で変更はまどろっこしい。そこでショートカットなどで気軽に画面転換させるようにした。…これが結構面倒だったのだが。

blog.dreamhive.co.jp

KINDLE読書利用のために、事前にこの使用方法を確立しておいて助かった。ちなみに疲労に応じてマイクの持ち手が変わるので、縦持ちの方向はどちら側にもすぐ対応できるようにしておきたい。

 

いやあ、苦労したなあ。しかしその甲斐あるかなり理想的なカラオケ環境が創造できたような気がする。充実した自己満足。

ユーラシアエクスプレス殺人事件(PS)

ユーラシアエクスプレス殺人事件

ユーラシアエクスプレス殺人事件

  • 発売日: 1998/11/26
  • メディア: Video Game
 

実写系のゲームはそこそこ数あり(概ね失敗してるのだが)、その中でも群を抜く…リリースから20年たった今でさえ記憶に残り、一線で活躍している知名度の高いタレントをも揃えたこのゲーム。「ユーラシアエクスプレス」という広大なスケールを感じさせるこのタイトル。しかもCD-ROM4枚組というFF7と同じ枚数から想定されるそのボリューム。さらに言うなら、X1~X68K時代に、ノベルウェアを始めとした数々のゲームをリリースして自分としてもだいぶお世話になった記憶のあるシステムサコムが開発に関わっていて、しかもこの作品が同社が手掛けた最後のゲームタイトル(ノベルウェア最終作と位置づけちゃってもいいですか?)、と思えばどれだけ期待させる作品なんだ!……と思ってしまうところだ。が、実際のところは車両1両という閉鎖空間のなか。たった1件の殺人について、登場人物から話を聞き込んでいき2時間で解く。以上!というシオシオのボリューム感。「これぞ宝ビルアドベンチャー級」という言葉が浮かんでしまった。


※「宝ビルアドベンチャー」とは、MZ-1200用に発売された二本の連作アドベンチャーゲーム。自分が生まれて初めて購入したPC用ゲームタイトルでもある。メディアはカセットテープ。PART1は答えが分かると3分かからずに解ける最小ボリューム。PART2は唐突に始まるアクションパートが突破できず未クリアだが、ボリュームは相変わらず少ないかつ謎が理不尽らしく。これを体験したからこそ、その後の「不思議の森のアドベンチャー」には大歓喜したものですよ。

ただ。まあ。擁護の言葉も浮かぶんだよね。
全編実写動画はCDROMには荷が重い。それとコンセプトも他のゲームとは違う。
純粋なミステリを楽しむというより、美人の女子高生たちと目を合わせての会話。そこが推しポイントなのだから。相手は深田恭子新山千春榎本加奈子たちのリアルタイム女子高生姿ですよ!揃いも揃って態度がよそよそしいのはどうかと思うが。おまけのミステリーポイントは?まあ、ちゃんと辻褄合わせましたよってとこ。でも個人的には同時期に発売、購入した「アナザーマインド」の方がゲームとしてはよほど出来も良くてお気に入り。